1. ホーム
  2. 2014年2月
  3. トイレの音消し文化、いまむかし......

トイレの音消し文化、いまむかし......

写真・文=白倉正子

 みなさんは「擬音装置」をご存じですか? よく女性トイレのブース内で見かけるあの製品です。清掃をしている方なら、知らないはずはありませんよね? 形状はさまざまで、四角い箱型タイプや壁埋め込みタイプだけでなく、温水洗浄便座に内蔵されたタイプ、女子高生が携帯するキーホルダータイプ、家庭用の小型タイプ、そしてスマホのアプリまで登場しました。最新のものは人工的な水の音ではなく、実際に流れる川の流水音をわざわざ録音して挿入しているとか......。
 自分の排泄中の音を他人に聞かれるのが恥ずかしいという、日本女性の奥ゆかしさが生み出したと言っても過言ではない、わが国独特の文化である擬音装置。しかし、今や女性たちは排泄中の音だけでなく、衣服の擦れる音から、生理用ナプキンを出すときの音、おならの音まで、とにかく「存在自体」を消したいそうなのです。

ここから先は「ビルクリーニングオンライン」の会員の方のみ、ご利用いただけます。
ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。
登録(無料)やログイン方法は下記リンクをご覧ください。

雑誌イメージ

年間購読のご案内

業界唯一のビル清掃専門誌「ビルクリーニング」を、毎月ご登録の会社・ご自宅 へお届け致します。

ビルメンブックセンターで購入する

  • ピックアップ過去の記事
  • 過去のセミナー
  • ビルメンブックセンター
  • ツイッター

PAGETOPへ