1. ホーム
  2. 2016年4月
  3. トイレを守る人の誇り

トイレを守る人の誇り

写真・文=白倉正子

img01.jpg 私はトイレ掃除をしている方と話すのが、大好きです。なぜなら、辛い作業ながらも一生懸命作業をしているみなさんに、とても感動するからです。
 みなさんから聞く話のほとんどは、はっきり言って「不条理な話」です。せっかくきれいにしたトイレを、心無い行為で汚されてしまうことが多く、人間不信にさえなります。私が一番呆れたエピソードは、女性の使用後の汚物(生理用ナプキン)が、紙に包まれずに壁にペタ!と貼ってある事実! 同じ女性として情けないばかりですが、それを粛々と処理してくださっている方の姿を見ると「申し訳ないなあ」と感謝するのと当時に、「なんとかしなくちゃ!」逆に使命感が燃えてしまうのです。
 そんななか、2つの現場で「すごいなあ」と感じたことがありました。1つ目は、福岡県にある「道の駅おおとう桜街道」の「一億円トイレ」を見学に行ったときのことです。私はトイレの研究家だと明かさずに、「とてもきれいなトイレですね~。ちなみに、お困りごとはありませんか?」と清掃員さんに話しかけたところ、「はい、ここのトイレはトラブルが1件もありませんから!」とキッパリおっしゃっていました。

ここから先は「ビルクリーニングオンライン」の会員の方のみ、ご利用いただけます。
ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。
登録(無料)やログイン方法は下記リンクをご覧ください。

雑誌イメージ

雑誌で読む場合は年間購読プランにご登録ください

業界唯一のビル清掃専門誌「ビルクリーニング」を、毎月ご登録の会社・ご自宅 へお届け致します。

ビルメンブックセンターで購入する

年間購読プランに申し込む

  • ピックアップ過去の記事
  • 過去のセミナー
  • ビルメンブックセンター
  • ツイッター

PAGETOPへ