1. ホーム
  2. 2017年10月
  3. BC技能士の育成と全国技能競技会への挑戦

BC技能士の育成と全国技能競技会への挑戦

㈱トップス 代表取締役 金崎 石親

独立の夢を抱いて故郷・秋田へ

 私は秋田で生まれ、地元の高校を卒業後、東京のホテルに就職しました。東京にあこがれがあり、また体を動かす仕事のほうが自分には性に合っていること、お客様に接するサービス業に興味があったことから、就職先にホテルを選びました。
 ホテルマン時代は飲食・宿泊部門で勤務していましたが、ベッドメイキング、清掃、設備運転・保守など、裏方の仕事の内容も大変さもわからないまま、表面的なサービス業に従事していることに疑問を感じ、系列のビルメンテナンス会社に転職しました。
 その後、縁あって東京に本社を置くビルメン会社に再転職。秋田支店開設に伴い帰郷し、約14年勤めた後、1999年に㈱トップスを創業しました。
 子どものころから自立したいという気持ちが人一倍強く、懸命に汗を流し、お客様に接していけば、特殊な技術を持たない自分でもやっていけるのではないかという思いと、秋田県のビルメンテナンス業界、特に清掃は、定年退職者やパート社員が多く、もっと若い人材を育て、地域活性化に少しでも役立ちたいという気持ちが強くありました。
 創業時、支店時代の仕事の継続はほとんどなく、従業員も自分と2~3名のアルバイトのみ。それでも人間関係の構築だけは誠心誠意やってきたつもりでしたので、とにかく少しずつでも仕事を増やし、他社に追いつこうと必死でした。
 「ビル・建物に関して、できることはなんでもやります。できないことはありません」というスタンスで、昼夜を問わず、元請け下請けにかかわらず、何でも受注しました。
 現在では、仙台市をはじめとした東北地区に業務を拡張し、清掃・設備・警備に加え、それらに付随した各種サービス業務を展開し、おかげさまで従業員も約170名になるまで成長しました。
 昨今は、慢性的な人手不足もあり、これまでの「なんでもやります、やれます」というスタンスの量から質にこだわることで、顧客との関係がさらに深いものになるよう事業を展開していきたいと思っ ているところです。

ここから先は「ビルクリーニングオンライン」の会員の方のみ、ご利用いただけます。
ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。
登録(無料)やログイン方法は下記リンクをご覧ください。

雑誌イメージ

雑誌で読む場合は年間購読プランにご登録ください

業界唯一のビル清掃専門誌「ビルクリーニング」を、毎月ご登録の会社・ご自宅 へお届け致します。

ビルメンブックセンターで購入する

年間購読プランに申し込む

  • ピックアップ過去の記事
  • 過去のセミナー
  • ビルメンブックセンター
  • ツイッター

PAGETOPへ