1. ホーム
  2. 2017年12月
  3. 報恩謝徳の精神で古都の文化遺産を守る

報恩謝徳の精神で古都の文化遺産を守る

都総合管理(株) 代表取締役 渡守 仁

京都に移転し35年、交通誘導警備を中心に事業を展開

 弊社は昭和54(1979)年6月に滋賀県で警備業を生業とする会社として創業しました。昭和57(1982)年に京都市右京区に本店を移転し、本格的に京都で警備業務を営んでまいりました。
 創業者である父は交通誘導警備を中心とする2号警備業務※をメインに事業を展開、多くの取引先様に支えられ京都の警備会社のなかでも中堅と言われるまでになりました。
 しかし、道路工事やイベント警備中心の経営では業務量に波があり、天候等にも大きく予定が左右される厳しい経営環境でありました。そこでより安定した経営を目指すために、お客様の信頼に応えること、信用いただけることの大切さ、社員と共に事業を進めていくことを社の理念として創成期を歩んでまいりました。

施設警備に主軸を転換、総合ビルメンテナンス会社へ成長

 私はそんな父とは全く別の分野で自立したいと、畑違いもはなはだしい農業の世界で事業経営を始めました。しかしながら、経営する農場が火災に見舞われ、何もなくなってしまいました。「農業もサービス業も同じ商業活動なのだから、会社で勉強してみないか?」と父から誘いを受け、平成7年に入社いたしました。
 私が入社した頃はバブル崩壊後の著しく景気の低迷した時期であり、弊社の経営方針が大きく変化していた時期でした。建設工事現場などの警備業務から撤退し、施設の常駐警備業務に業態を変更し移行している過程にありました。そのなかでも京都に多くある寺社仏閣の警備業務、大型ショッピングセンターの警備・清掃業務、そして官公庁物件や民間物件の清掃及び設備管理のビルメンテナンス業務を拡充し、総合ビルメンテナンス会社として現在の社名「都総合管理株式会社」と社名変更を行い、大きな転換期を迎えました。
 そこから順調に事業形態の移行を進め、総合ビルメンテナンス会社として紆余曲折がありながらではありますが、現在まで成長しつづけることができました。

ここから先は「ビルクリーニングオンライン」の会員の方のみ、ご利用いただけます。
ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。
登録(無料)やログイン方法は下記リンクをご覧ください。

雑誌イメージ

雑誌で読む場合は年間購読プランにご登録ください

業界唯一のビル清掃専門誌「ビルクリーニング」を、毎月ご登録の会社・ご自宅 へお届け致します。

ビルメンブックセンターで購入する

年間購読プランに申し込む

  • ピックアップ過去の記事
  • 過去のセミナー
  • ビルメンブックセンター
  • ツイッター

PAGETOPへ