ウェブで、雑誌で、セミナーで。清掃スタッフのための教育支援サイト。

ビルクリーニング オンライン

ビルクリ最新号

プロの技術情報満載
日本唯一の清掃専門誌

表紙画像

今月の特集

SDGsとビルメンテナンス《前編》戦略と方向性を考える

テレビなどで取り上げる機会が多くなった「SDGs」。今回から2号にわたり「SDGsとビルメンテナンス」をテーマに、前編はSDGsの基礎を中心に取り上げる。なぜ、SDGsが重要なのか。ここを深掘りしていく。次号は後編として業界内ですでにSDGsのアクションプランを掲げ、実践している企業を取材し、その実例を見ていく。本特集を通じて、私たちが、いまできること、やらなければならないことを一緒に考えていけたら幸いだ。

最新号
立ち読み
バックナンバー

ピックアップ

セミナーで学ぶ|受講申込 受付中のセミナーはこちら


a03/02
こんな業務用ロボット掃除機を待っていた!最新機種「RULO Pro MC-GRS2M」


b03/09
除菌作業に手は回っていますか? ニューノーマル時代におけるクリーンな環境づくりと効率化の両立!


123reporter
清掃ケミカル質問
ビデオカレッジ

月刊ビルクリーニング記事から

(12/10更新)「第17回ビルクリーニング・アイデアグッズ大賞」結果発表!

今年6月1日~8月31日まで募集した「第17回ビルクリーニング・アイデアグッズ大賞」にご応募をいただき、誠にありがとうございました。応募総数は89作品!どれも読み応えがあり、「こんなことに困っていたのか」と目からウロコのアイデアの数々に驚くばかりでした。コンクールということで、心苦しくも各賞を選定させていただきました。審査の結果を発表します!

(11/02更新)次世代型環境洗剤「GPシリーズ」モニターキャンペーン実施中 by TOSHO
無料で洗浄剤がもらえるチャンス!?

株式会社TOSHOは、米国EPAが環境適合を登録認定しているSAFER CHOICE認定取得の「GPシリーズ」のモニターキャンペーンを実施中です。SDGsや環境に配慮したメンテナンスの需要が高まるなか、環境と人に負荷がかからない「GPシリーズ」は清掃管理する現場にどれだけ有効なのか? Ecoな清掃を実現し、自社のブランディングの一つにしたいという方は下記の専用フォームからお申し込みください! 【締め切り11月19日】

(8/25更新)ケルヒャージャパン×月刊ビルクリーニング共同企画
【短期連載】グローバルカンパニー ケルヒャーのマシン哲学

世界ブランドの清掃機器が日本の清掃現場を変える
「カスタマーセントリック:お客様中心主義」に基づいた製品開発、サービス提供に尽力する清掃機器専業メーカー・ケルヒャー。「最高のパフォーマンス」「革新性」「高品質」といった製品が次々に生まれ、世界中で〝ケルヒャーブランド〟を確立──。...
(2021年2月号、3月号、5月号、6月号、7月号、8月号掲載)

ビルクリーニング カレッジ

WEBカレッジ |a-01

こんな業務用ロボット掃除機を待っていた!最新機種「RULO Pro MC-GRS2M」

こんな業務用ロボット掃除機を待っていた!
最新機種「RULO Pro MC-GRS2M」

洗浄機タイプの清掃ロボットに比べ、比較的導入ハードルが低い掃除機タイプの清掃ロボット。とはいえ、まだまだロボットについては懐疑的という方も多いのではないでしょうか。パナソニックが2018年に発売し「RULO Pro」の新製品「RULOPro MC-GRS2M」(2022年3月発売予定)は、より使いやすく、より確実に走行できる、かゆいところに手が届く進化を果たしました。  従来機の導入事例や課題などを交えながら、どう進化を遂げたのか、プレゼンいただきます。


WEBカレッジ |b-01

洗剤&薬剤のサイエンス≪硬質表面洗剤編≫ 「硬質表面洗剤の正しい扱い方」

除菌作業に手は回っていますか?
ニューノーマル時代におけるクリーンな環境づくりと効率化の両立!

日々の清掃作業のなかに、高頻度接触面の除菌・除ウイルス作業が定着し、2年が経過します。施設における衛生対策がより求められる時代になり、こんな悩みはありませんか?
・従業員の健康を守る安心な職場環境をつくりたい
・定期的に除菌作業を行いたいが、人手が足らない
・衛生対策を通じて、施設利用者に安心をPRしたい
本セミナーでは、極微細ミストを活用した除菌方法をご紹介します。

クリーンシステムのサービス

本の購入はビルメンブックセンターで
写真付き報告書作成アプリ 123Reporter
クリーンシステムのメールマガジン登録の案内
入札王
広告出稿の案内